DVでお悩みの方へ

a93351bbe9b27b6406515a7054f5e2d2_s「夫(妻)から日常的に暴力を振るわれている・・・。」
「夫(妻)から性的な暴力を受け悩んでいる・・・。」

ドメスティックバイオレンス(DV)被害に遭うと、このようなお悩みをお一人でお抱えになられていることが多いです。

DVとは、一般的には、配偶者から他方に対する暴力のことをいいます。DV被害の例としては、配偶者から殴る、蹴る、物を投げつけられる、というような体に対する直接的な暴力のご相談の他に、言葉による暴力や性的暴力などでご相談を受けることがあります。

DVの被害者の方の多くは、相手に対して恐怖心を持っているので、直接相手に対して離婚を切り出したり、離婚の交渉をすることができません。そこで、当事務所では弁護士が代理人となって直接相手に離婚の交渉をしたり、調停や訴訟を提起したり、場合によっては損害賠償請求をしたりというサポートをしています。

弁護士がDV被害のサポートに入れば、交渉だけでなく、調停や訴訟でも弁護士が代理人になるので、加害者は直接依頼者の方と接触することはできないので、身の安全を確保することができます

また、DVの場合は加害者の有責性が顕著であるので、多くの場合、離婚が成立していますし、場合によっては損害賠償を請求し、損害賠償金を獲得するといった結果が多いです

DV事案は被害の程度によりますが、被害の程度が大きい場合には、やはり相手と距離を置く事が一番大事です。それほど被害が大きくない軽微な事案については、例えば怪我をするような場合は写真を撮ったり、また診断書を取ったりする形で何らかの証拠を残しておくことこれが大事なポイントです。

当事務所では、特にDV事件については、弁護士が代理人となって相手と直接交渉をするということを第一の基本方針としています。

また、依頼者の方が加害者と距離を置いて、居場所を知られたくないという方がほとんどです。当事務所は、居場所を知られないための独自のノウハウを持っておりますので、DV被害でお悩みの方はお気軽に当事務所までご相談下さい。