弁護士 西村裕一

profile_rikon_nishimura
TEL 093-513-6161

離婚事件に対するスタンス

IMG_5935現在、日本では3組に1組の割合で離婚しています。大物芸能人の離婚等が世間を賑わすことも増え、離婚がこれまでに比べて身近なものとなっていることが影響していると思います。

「離婚」と聞いて、皆さんはどういうことをイメージされますか?

多くの方がどうしてもマイナスなイメージをもたれるのではないでしょうか。

私は、これまで数多くの離婚事件に携わってきましたが、、離婚は、人生の選択肢の一つであり、より良い生活を送る手段だと思います。

結婚するときには、「この人と幸せになろう。」、「明るい家庭を築きたい。」といった希望をもっているはずですので、誰も離婚のことを考えていないと思います。

しかしながら、夫婦は他人である以上、それまで育ってきた環境などが違います。したがって、一緒に生活していけば、「この人のここが私と違う。」、「あの人の言動はあり得ない。」ということが出てきて当然です。

そのような状況になった時、このまま結婚生活を続けていくことが、自分の人生にとって本当にプラスなのか、よく考えてみてください。先ほど私が言ったように、離婚して別の人生を歩むということは決してマイナスではないはずです。

nishimura_in7私が離婚事件で大切にしていること(スタンス)は、「どのようにすれば、より良いリスタートが切れるか」ということです。

何を大切にするかは、ひとりひとり違ってきます。それは、どうして離婚したいと思ったかという理由やお子さんがいるかどうかといった事情で変わってくるからです。

そうした事情を相談者の方としっかりお話しさせていただきながら、最善の道を一緒に考えていきたいと思っています。

これまでご相談していただいた方々は解決後すっきりした表情をされていました。そうした姿を見ることができて、弁護士としてはこれほどうれしいことはありませんし、今後もそのような方を一人でも増やしたいと思っています。
IMG_5963もちろん、離婚は結婚以上に人生の一大決心ですし、離婚に際して決めるべきことが数多くありますから、相談者が迷うことも当然たくさんあると思います。

そういった悩みに共感したり、違う角度からアドバイスしたりしながら、より良い生活に向けて、最大限努力したいと考えています。

1人で悩むことは非常に負担になりますし、離婚には法律的な問題が多く伴います。当事務所は、離婚後の生活設計もサポートすることができますので、是非ともご相談していただければと思います。

 

コラム(離婚関連)

三船美佳さんと高橋ジョージさんの離婚問題 – 離婚裁判とモラハラ

 

その他

> その他の情報はこちらからどうぞ。

nishimura_in6

弁護士等紹介