モラハラを受けたので、慰謝料を請求したいのですが、どうすればいいですか?

モラハラとは、精神的な暴力のことをいいます。

例えば、「お前は役に立たない。」「お前は何も考えようとしない。少しは考えたらどうだ。」などの心無い言葉を日常的に放ったり、日々威圧的な態度をとったりすることが、これにあたります。

 

お金のイメージ画像

モラハラ行為により精神的苦痛を受けた場合、慰謝料請求をすることが可能です。

 

とはいえ、慰謝料金額に決まりがあるわけではなく、モラハラ行為の期間、モラハラの態様、心身に現れた症状(うつ病等)などにより、ケースバイケースです。

過去の裁判例を見ても、数十万円~数百万円まで様々です。

 

モラハラを受け続けた被害者の方からすれば、せめてもの償いとして、モラハラ加害者に慰謝料請求をしたいと考えるのも当然のことだと思います。

 

しかし、モラハラ加害者へ慰謝料請求をし、慰謝料を獲得するには、いくつかのハードルがあります。

そのうちの主なもの2点を挙げます。

 

1点目は、モラハラ加害者は、自分を重要・特別な人物だと考えているため、プライドが高く自らの非を認めようとしないことです。

モラハラ加害者は、攻撃している自分が悪いのではなく、攻撃をされている相手が悪いのだと考えています。

そのようなモラハラ加害者は、とりわけ被害者であるあなたの声には耳を傾けないでしょう。それどころか、反対にますます言葉などで威圧してくるかもしれません。

 

2点目は、モラハラ被害といっても、モラハラ行為は身体的な暴力と異なり、一見して目に見えないものであるから、これを証明することができるのかということです。

そのため、モラハラ加害者に対する慰謝料請求をするには、専門的な第三者が入ることが有効となります。

 

指をさす男性のイラスト

第三者が間に入ることによって、相手との話し合いの余地が生まれる可能性が高まります。

 

また、仮に相手方が自らの非を認めず任意に金銭を支払うことに応じない場合には、訴訟といった裁判上の手続きをすることになりますが、その際には、法的な見地からモラハラの主張・立証をすることのできる専門家が必要になります。

 

 

DV・モラハラの証拠の集め方についてはこちらをご覧ください

 

当事務所には、モラハラを受けたことを理由とする慰謝料の相談に来られる方が多数いらっしゃいます。

悩まれている方は、一度ご相談いただければと思います。

 

 

 

 



その他、モラハラに関するよくあるご相談