福岡オフィス紹介

事務所理念

クライアントの未来を照らす
Illuminate clients’ future

現代社会には照らすべき闇が存在します。

人はその闇の中では動くことすらできません。

しかし、目の前に一筋の光が見えたとき、人はその光に向かって進むことができます。

どんなに苦しく、つらいときでも、希望の光さえあれば。

我々は、クライアントの前に広がる闇を照らし、希望に満ちた未来を創造します。

 

 

ロゴに込めた想い

『デイライト』とは「日光」の意味です。

当事務所のロゴは、輝く希望の光の広がりが、デイライトの頭文字である『D』を創り上げています。

『D』の光が様々な色や形をしているのは、クライアントの悩みが千差万別であることを表しています。

このロゴには、このような深刻な悩みを抱えるクライアントに対し「希望の光を与えたい」という強い想いが込められています。

 

 

行動指針

当事務所は事務所の理念を実現するために、以下の行動指針を取っています。

 

 

福岡オフィス紹介

デイライト法律事務所は、広大な敷地面積と最先端の設備を備えた法律事務所です。

福岡オフィスのコンセプトと施設について、ご紹介します。

オフィス・コンセプト

デイライト法律事務所福岡オフィスのコンセプトは、「リーガル・プラットフォーム」です。

当事務所は、地域ナンバー1法律事務所としての自覚と責任を持って、地域社会に貢献するためのオフィスとして、設計されました。

すなわち、単に自分達の依頼を受けるという、「従来の法律事務所」の枠組みにとらわれず、地域社会に開放された「プラットフォーム(基盤)」となることを基本コンセプトとしています。

例えば、オフィス内にセミナールームを設置し、DV・モラハラに苦しむ個人の方に対して、セミナーや勉強会等の様々な活動を通じて「有益な情報を発信する場」を提供しています。

また、DV・モラハラ問題は、弁護士だけの力では真の問題解決はできません。

医師、カウンセラー、行政の職員、警察などの専門家と連携してサポートすることが必要です。

そのため、福岡オフィスの設備は、当事務所のスタッフだけではなく、弁護士や上記の専門家等にも開放しています。

地域の専門家が当事務所を利用することで、DV・モラハラ問題の「サポート能力を向上させる場」を提供しています。

このように、当事務所は、多くの利用者のプラットフォームとなることで、単体ではなし得ないシナジー効果を生み出し、より高い「付加価値」を地域社会へ提供しています。

 

オフィスビル

デイライト法律事務所はJR博多駅の目の前の福岡朝日ビル内にあります。

ビルはJR博多駅と地下道でも直結しています。

DV・モラハラの当事者の方がアクセスしやすい立地となっています。

エントランス

博多オフィスエントランスの画像

エントランスは、福岡ナンバー1の法律事務所に相応しいブランドを感じさせつつも、良い意味で既存の法律事務所にとらわれない、革新的なデザインにしています。

また、DV・モラハラのご相談者は精神的に不安定な状況におかれています。

そのため、DV・モラハラのご相談者が安心して事務所にお越しいただけるように、セキュリティを徹底しています。

玄関ドアは電子ロックとし、防犯カメラを設置することで、DV・モラハラの加害者などの立ち入りができないようにしています。

バーカウンター

BeachBarの画像

エントランスから事務所内に入ると、目を疑う光景が広がります。

エントランスの裏側には、ビーチリゾートのバーをイメージしたバーカウンターが設置されており、事務所にお越しいただいた方に、「ここが法律事務所であること」を感じさせません。

弁護士というと、敷居が高いイメージを持たれる方がほとんどです。

特に、DV・モラハラの被害者の方は、心を開いて相談してくれる方が少ない傾向です。

このバーカウンターは、そのようなイメージを忘れてもらい、気軽にご相談していただくための演出効果を兼ねています。

カンファレンス・ルーム

デイライト法律事務所には、企業から個人までさまざまなクライアントがいます。

カンファレンス・ルームは、企業向けに、大人数での打ち合わせ等が可能な大会議室から、個人向けの小会議室まで、合計11ものカンファレンス・ルームを設置しています。

利用者ごとにカンファレンス・ルームを使い分けることで、クライアントに対して、快適な環境を提供しています。

DV・モラハラの相談者については、会議室が広いと逆に不安を覚える方が大勢いらっしゃいます。

そのため、小会議室にて法律相談を行っております。

 

また、DV・モラハラの相談者の方にリラックスしていただくために、小会議室には、リラックス効果が高いBGMが流れています。

さらに、DV・モラハラの相談者の方は、個人情報の流出を極度にご心配されています。

どこで、プライバシーに配慮し、防音性が高い壁を設置しています。

模擬法廷

デイライトの福岡オフィスは、広大なオフィス内に模擬法廷を設置しています。

模擬法廷では、証人尋問の予行演習を行っています。

DV・モラハラの依頼者は、裁判に対して恐怖心を持たれている方が多く、真実を証明し、適切な結果を得るためには予行練習が欠かせません。

模擬法廷で予行演習を行うことで、緊張がほぐれ、ベストな状態で裁判に臨むことができます。

 

セミナールーム

デイライトの福岡オフィスは、最大36名を収容できるセミナールームが設置されています。

このセミナールームでは、社会保険労務士等の士業、顧問先企業、一般市民等を対象に、専門分野を中心とする法律問題のセミナーを開催しております。

DV・モラハラ問題については、この問題に関心がある市民の方や他士業、カウンセラー等を対象として、法的対応等についての講演や研修を行っております。

 

キッズルーム

DV・モラハラでお悩みの方には、小さいお子様連れの方が多くいらっしゃいます。

お子様が一緒だと、ご相談に集中しにくい場合が多々あります。

当事務所では、そのようなご相談者様のご要望に応えるために、十分な広さのキッズルームを完備しております。

キッズルームには、おもちゃ、本、ぬり絵のほか、DVD等も完備していますので、お子様が退屈することはございません。

カンファレンス・ルームDでは、キッズルームで遊ぶお子様の様子を見守りながらのご相談が可能です。

 

コワーキング・スペース

デイライトの福岡オフィスは、オフィス内にコワーキング・スペースを設置しています。

コワーキングスペースでは、DV・モラハラに注力する弁護士、税理士、カウンセラーなどがチームで勉強会を開催しています。

 

カウンセリング・ルーム

デイライト法律事務所は、法律問題への対応だけでなく、心のケアを重視しています。

特に、DV・モラハラ問題は、この心のケアが重要となることが多くあります。

そのため、メンタル問題の修復のためのカウンセリングを提供しています。

カウンセリングは、ご相談者の方にリラックスしてもらうために、専用のカウンセリング・ルームで行っています。

 

カフェサービス

デイライトでは、DV・モラハラの相談者や依頼者の不安や緊張を少しでも和らげるためカフェサービスを提供しています。

コーヒーや緑茶などのメニューをご準備しておりますので、お気軽にお申し付けください。

詳しいメニューはこちらからどうぞ。

 

当事務所までのアクセス

① JRご利用の場合:JR博多駅 博多口 正面(徒歩約1分)

② 地下鉄ご利用の場合:地下鉄博多駅 博多口(徒歩約1分)
※当ビル地下に直通しています。

③ お車ご利用の場合 ビル裏側1階に時間貸し駐車場があります。
※13台しか駐車できませんので、満車の場合は、近隣の駐車場をご利用下さい。

当事務所近隣の駐車場の空車情報はこちらこちらをご覧下さい。

map

当事務所までのアクセスはこちらからどうぞ。

 

 

事務所概要

事務所名 弁護士法人デイライト法律事務所
所在地 〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号 福岡朝日ビル7階
所属弁護士会 福岡県弁護士会
法人登録番号 580
新規ご予約専用ダイヤル 0120-783-645
(ナヤミ ムヨーヘゴー)
電話番号 092-409-1068
FAX番号 092-409-1069
営業時間 9:00~21:00
(ご予約受付時間は365日24時間対応)