モラハラチェックリスト

モラハラの被害者の方は、加害者から執拗に責められ続けるため、自分が被害者であることの自覚がない場合があります。

また、モラハラは、一つ一つの言動は、殴る・蹴るなどのDVの場合と比べて、それほど酷くはありません。

そのため、モラハラかどうかの診断は難しい場合が多くあります。

以下、モラハラのチェックリストをご紹介しますので、ご自身のケースに当てはまるかをご確認ください。

相手がモラハラ夫かどうか

チェックリスト:モラハラ夫
  •  妻を会社の飲み会に行かせない
  •  店員などに対して突然クレーマーとなる
  •  妻の向上心や楽しみを否定する
  •  妻の行動を支配しようとする
  •  スマホを盗み見したり、チェックしたりしている
  •  自分をいつも正当化している
  •  親しい友人がいない
  •  妻に必要な生活費を渡さない
  •  ちょっとしたことですぐに不機嫌になって無視する
  •  妻が知らないことがあると「こんなことも分からないの?」などと言う
  •  出された食事が気に入らない場合に別の物を食べる
  •  体調が悪いとき、「妻なんだから家事はすべき」という態度に出る
  •  家の清掃などで少しでも不備があると「毎日何をしているの?」などと嫌味を言う
  •  妻の前でため息や舌打ちをする
  •  妻の収入が少ない場合「誰のお陰で生活できると思っているの?」などと言う
  •  妻と夫の母親が対立しているとき、母親の方が悪くても、味方をしてくれない。
  •  セックスを受け入れないと機嫌が悪くなる
  •  機嫌がいいときと悪いときの差が激しい

 

相手がモラハラ妻かどうか

チェックリスト:モラハラ妻
  •  夫の買い物に小言や嫌味を言う
  •  夫が実家に行こうと言っても行きたがらない
  •  夫のことを無視する
  •  不機嫌オーラを出す
  •  休日家でくつろいでいるとドアをバタンと閉めたり、床をドンドンと踏み鳴らす
  •  妻の悪いところを指摘すると、「あなただって」と争点を転換する
  •  接待などで必要な飲み会でも嫌味を言う
  •  子供を独占して遊ばせてくれない
  •  夫が趣味を持つことを認めない
  •  収入や昇進のことで嫌味を言う

 

自分が被害者かどうか

チェックリスト:夫妻共通
  •  相手から責められると「自分が悪い」と思ってしまう
  •  正直、相手に家に帰ってきてほしくない
  •  相手が家にいると常に気を使ってしまう
  •  相手の機嫌がいい時の優しさを思い出し、相手を「良い人」と思ってしまう
  •  結婚してから高価な私物(服、時計、アクセサリーなど)を買ったことがない
  •  最近、自分の友人に会ったり、趣味を楽しむことがなくなった
  •  自分が改善すれば、夫婦関係が良くなると思っている

 

モラハラは、一つ一つの言動は軽微なものといえます。

そのため、上記のどれか一つに該当したからといって、裁判で離婚が認められるとは断言できません。

しかし、このサイトをご覧の方は、現在、つらい思いをされているはずです。

上記のチェックリストをご覧になられて、自分に当てはまるものが複数ある場合、モラハラ被害の可能性を疑った方がよいでしょう。

そして、一刻も早く、DV・モラハラに精通した弁護士にご相談されることをお勧めいたします。