暴力夫から交渉で慰謝料200万円を取得したKさんの事例

慰謝料の増額
DV
世帯年収:~800万円
無職
身体的暴力
ご相談者Kさん (大野城市)
60代女性
職業:無職
世帯年収:450万円
婚姻期間:15年
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議離婚
子どもあり (独立済成人)
離婚を切り出した

相手:70代無職

依頼前 依頼後 増額
利益
慰謝料 0円 200
万円
200
万円

 

状況

Kさんは、約15年前に夫と再婚しました。

Kさんの子ども達はすでに成人して独立しており、近年Kさんは夫と2人で暮らしていました。
夫は、結婚後、Kさんに対して、度々暴言を繰り返してきましたが、Kさんはそれに耐えてきました。

しかし、夫の暴言はエスカレートするとともに、暴力までも振るうようになってしまいました。
寝ているKさんに対し、突然、殴る蹴るの暴力をはたらき、肋骨が4本も折れてしまったということもありました。

このような夫に我慢できなくなったKさんは、当事務所にご相談に来られました。

 

弁護士の関わり

Kさんの希望は、とにかく、できるだけ早く夫と離婚することでした。
当時、まだKさんは夫と同居していたため、弁護士は、Kさんにできるだけ早く別居して物理的な距離をとることをすすめました。
そうすることで、精神的な安定の回復が可能になるからです。

そして、別居を実行するタイミングで、速やかに夫に対し協議離婚の申し入れを行いました。
その後も、弁護士は、夫に対し、粘り強く交渉を行い、わずか2ヶ月で協議離婚を成立させることができました。

また、当初、Kさんは慰謝料の請求に消極的でした。
慰謝料を請求することで、長引くことを懸念されていました。
そこで、弁護士は、夫の対応次第では、慰謝料の減額又は放棄も視野に、速やかな離婚の成立を最優先させる方針をたて、戦略的に夫と交渉を進めました。

その結果、夫も暴力を行った事実は認めたため、慰謝料として請求額満額である200万円を取得することができました。

補足

Kさんのように、夫の暴力により、骨折してしまったというような場合は、裁判上、慰謝料が認められる典型的な事例の一つです。
もっとも、後遺障害が残るようなケースは別として、その額は比較的低額で、裁判所が判断する場合には、数十万円から100万円台になることが多い傾向です。

そこで、早期解決を希望するKさんの意向を汲み、裁判所が判断した場合の見込額からの乖離が比較的少ない200万円を請求することにし、満額を取得することができました。

このように、慰謝料を請求する場合、闇雲に請求するのではなく、戦略的に請求することは重要です。請求額の設定において、手がかりになるのが、裁判になったときの見通しです。

そのため、離婚慰謝料に精通した弁護士に相談することが重要です。

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

 

関連記事:夫のDVを根拠に、離婚の際に夫に慰謝料を請求できますか?

 


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

離婚原因が「DV」の解決事例

警察に取り合ってもらえなかったFさんが暴力・暴言夫と離婚を成立させた事例

離婚が成立するか
モラハラ
DV
世帯年収:1000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
暴力・暴言夫からの養育費の支払い終期を子どもの大学卒業までに延期できたFさんの事例

養育費の増額
モラハラ
DV
世帯年収:1000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
自分に落ち度がある場合にも夫の暴力・暴言を理由に慰謝料を獲得できたFさんの事例

慰謝料の増額
モラハラ
DV
世帯年収:1000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
暴力夫から毎月4万円の養育費を獲得した妻Sさんの事例

養育費の増額
DV
世帯年収:800万円
保護命令
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
頑なに親権を譲らなかった暴力夫に親権を諦めさせることに成功した妻Sさんの事例

面会交流
DV
世帯年収:800万円
保護命令
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
保護命令により暴力夫を自宅から退去させることに成功した妻Sさんの事例

離婚が成立するか
DV
世帯年収:800万円
保護命令
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
経済的な虐待をする妻からの婚姻費用請求を大幅に減額できた夫Sさんの事例

婚姻費用の減額
DV
世帯年収:1500万円
経済的虐待
精神的虐待
詳しくはこちら

  
  
経済的虐待や親族への嫌がらせを繰り返す妻と離婚を成立させた夫Sさん

離婚が成立するか
DV
世帯年収:1500万円
経済的虐待
精神的虐待
詳しくはこちら

  
  
暴力夫に対し調停を行わずにわずか2ヶ月で協議離婚を成立させたKさんの事例

離婚が成立するか
DV
世帯年収:450万円
スピード解決
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
「やり直したい」の一点張りで離婚に応じなかった夫と円満に離婚できた妻Tさんの事例

離婚が成立するか
DV
世帯年収:1000万円
性格の不一致
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
首を絞める暴力医者の夫との離婚調停を成立させた妻Yさんの事例

離婚が成立するか
モラハラ
DV
世帯年収:2000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
首を絞める暴力医者の夫との離婚を成立させ、月額35万円の養育費を獲得できた妻Yさんの事例

養育費の増額
モラハラ
DV
世帯年収:2000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
首を絞める暴力医者の夫から2000万円を超える財産分与を獲得できた妻Yさんの事例

財産分与を増額
モラハラ
DV
世帯年収:2000万円
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
長年暴言暴力に悩まされた夫との離婚を成立させた事例

離婚が成立するか
DV
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
長年暴言暴力に悩まされた夫から養育費を獲得した事例

養育費の増額
DV
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
暴力夫から慰謝料等をもらって離婚した妻Kさんの事例

離婚が成立するか
養育費の増額
財産分与を増額
慰謝料の増額
年金分割
DV
世帯年収:800万円
身体的暴力
詳しくはこちら

  
  
暴力を振るったとして請求されていた慰謝料を大幅に減額した夫Lさん(30代)の事例

慰謝料の減額
DV
軽度のけが
暴力を振るってしまった
詳しくはこちら

  
  
暴力夫からの面会交流を拒否した妻Sさん(40代)の例

面会交流
DV
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  
離婚を拒否し続けたDV・モラハラ夫と離婚できた妻Aさん(40代)の事例

離婚が成立するか
モラハラ
DV
身体的暴力
言葉の暴力
詳しくはこちら

  
  



解決事例を探す

当事務所は夫婦問題・離婚問題など男女問題に特化した事務所です。本サイトに掲載している事例は一部です。その他の解決事例については、こちらをご覧ください。(姉妹サイト「福岡の弁護士による離婚相談」に飛びます)