保護命令とはどのようなものですか?【弁護士が解説】

保護命令は、裁判所から加害者に対して発令されるもので、具体的には以下の内容があります。

 

①接近禁止命令

これは、被害者の身辺へのつきまといや、被害者の住居、職場等でのはいかいを禁止する命令です。

命令が出されると、加害者は6か月間、被害者の身辺につきまとい、はいかいをしてはならなくなります。

 

②退去命令

これは、加害者を生活の本拠である自宅から立ち退かせる命令です。

命令が出されると、加害者は2か月間住居から退去し、その付近をはいかいしてはならなくなります。

 

③電話等禁止命令

217616-thumb-300x300-3461これは、次の行為が禁止されます。

  • 面会の要求
  • 被害者の行動を監視していると思わせることを告げること
  • 無言電話をかけること
  • 緊急やむを得ない場合を除いて、連続して電話やFAX、メールをすること
  • 緊急やむを得ない場合を除いて、午後10時から午前6時までの間に電話やFAXをすること
  • 汚物や動物の死体等を送付すること

この命令は、①の接近禁止命令が発令されることが条件となっており、有効期間も接近禁止命令の有効期間が満了する日までです。

 

④被害者の子への接近禁止命令

これは、被害者の子の身辺につきまとい、またはその通常所在する場所の付近をはいかいすることが禁止される命令です。

この命令は、①の接近禁止命令が発令されることが条件となっており、有効期間も接近禁止命令の有効期間が満了する日までです。

 

⑤被害者の親族その他被害者と社会生活において密接な関係を有する者への禁止命令

これは、被害者の親族や職場の上司等の身辺につきまとい、またはその通常所在する場所の付近をはいかいすることが禁止される命令です。

この命令は、①の接近禁止命令が発令されることが条件となっており、有効期間も接近禁止命令の有効期間が満了する日までです。

上記について、事案に即して選択して、申し立てることが必要です。

なお、当事務所は、DVに苦しむ被害者の方に対して、専門の弁護士が親身にサポートを行っています。

独りで悩まずにお気軽にご相談ください。

 

>> ご相談の流れはこちらからどうぞ。

 

 

保護命令の手続の流れ

配偶者等へのDV
保護命令を申立てることができる者
①配偶者からの身体に対する暴力等を受けた者(注1)
②生活の本拠を共にする交際相手からの身体に対する暴力等を受けた者(注2)

警察、又は、配偶者暴力相談支援センターへの相談等
申立ての前に、警察ないし配偶者暴力相談支援センターに相談し、援助や保護を求めていることが必要。
又は、公証人面前宣誓供述書を作成して申立書に添付することが必要。

保護命令の申立て
保護命令は、被害者本人だけが申立人となる(親族や友人は申立て不可)。弁護士は代理人として申立てを行う。
管轄は相手方の住所地を管轄する地方裁判所。

審尋
申立人本人(弁護士がいれば代わりに出席可能)との面接(審尋という)が実施される。相手方からも事情を聴取する。

決定
裁判所は、保護命令又は申立てを却下する決定を下す。
平均的な審理期間は2週間程度。

 

注1:配偶者からの身体に対する暴力等を受けた者とは

身体に対する暴力だけではなく、生命又は身体に対する脅迫(害を加える旨を告知すること)も含まれます。

配偶者には、内縁関係も含まれます。

既に離婚している場合であっても、元配偶者から暴力等を受けるおそれがある場合も含まれます。

 

注2:生活の本拠を共にする交際相手からの身体に対する暴力等を受けた者

既に交際関係を解消している場合であっても、元交際相手から暴力等を受けるおそれがある場合は含まれます。

単なる交友関係に基づく共同生活等は除外されます。

 

 

保護命令の問題点

保護命令は、相手方の行動の自由を制限するものなので、その発令には法律の定める要件を満たさなければなりません。

そのため、申立書には、当該要件を満たす事実の記載が必要となります。

また、主張だけではなく、証拠も重要となります。

証拠の作成や提出方法については、専門的な知識や経験がある方が望ましいといえます。

したがって、保護命令の申立てにおいては、DV問題に精通した弁護士に相談し、助言を得ながら進めた方がよいでしょう。

 

 

保護命令のご相談の流れ

当事務所の離婚事件チームは、保護命令の申立てを強力にサポートしています。

ご相談の流れはこちらからどうぞ

 

 

「保護命令」についてよくある相談Q&A

 保護命令とはどのようなものですか?

 どのようなときに保護命令を発令できますか?

 保護命令が出されると、どのように安全が確保されますか?

 そもそも自分は保護命令を申し立てて認めてもらえるのでしょうか?

 保護命令の申立は、どのような手続きになりますか?

 保護命令の申し立てを裁判所に認めてもらうためにはどのような証拠が有効になりますか?

 保護命令が出されたのに、相手が全く従いません。

 退去命令の期間内に転居できそうにないのですが、どうすればいいですか?

 恋人間の暴力についても保護命令は出せますか?

 

 

執筆者 弁護士 宮崎晃

その他、DVに関するよくあるご相談